クッション 購入でポイントを「貯める」ならAmazonより楽天 | ユカハルクン

もう少しお安ければ最高です。初めて使いました。どうしても賃貸の床色が気に入らず!自分で貼ってみようと初めて試みました。

コチラです!

2018年01月07日 ランキング上位商品↑

クッション ユカハルクン貼ってはがせる賃貸OKのクッションフロア用のり「床ハルクン」(ユカハルクン)【あす楽対応】

詳しくはこちら b y 楽 天

足りないところは疲れ果てて両面テープを使用しました。半年経ちますが全然OKです♪可も無く不可も無く・・・・・・・・・です。…が!40分じゃ全く乾きません!!クッションフロアを二つ折りにし、片面に塗って乾いたら敷き込み、もう片面をめくって塗布…というやり方で施工したのですが、梅雨時の曇りの日でしたが4時間待っても乾かない。全面に糊付けするとはがしにくいとあったので!50センチおきにうすーく塗布しました。完全に乾かした方と生乾きの方!強度はどちらも差はないように思います。。もっと乾く時間が短くなり、値段ももっと手頃であったら最高です。6畳一面にクッションフロアを貼りましたが、そんな使い方だったので1袋の半分も使わなかったです。カーペットに掃除機をかけているような感じ。商品には満足してます。長期間フローリングの上に置くので、ベタつきが不安だったので、薄く塗りましたが、剥がれてきたりは今のところありません。ふつうに生活してますが端っこが剥がれてくることなく、快適です。半日しか作業時間がないので!仕方なく半乾きのまま敷き込み!もう片面は一晩放置しました。空気が入りやすく、端っこの浮きが気になったので、端や角だけ100均で買った両面テープで固定しました。使用量が書かれているほどではないのでかなり余りました。25M×1.8Mのクッションフロアを22畳ほどのところへ貼りましたが、薄く塗ったからかまだ少し余っています。早くてよかったし丁寧に箱にはいってました。賃貸ではないですが、今後のことを考えるとはがしやすいほうがいいかなと思い、こちらにしました。糊をつけた部分は全くそんなことはありません。対象の部屋の寸法よりやや大きめにカットした時点で塗布し、貼れる状態になってから敷き込みながら、カット・調整するのでしょうか?今回私がやったような、3段階の作業は、カットのための作業スペースがないとできないので、今後は出来そうになく、「塗った後、半日、乾燥させる」という工程をどうやって確保するか、実用的にはそこが難しいと思います。ありがたいです。何度も貼ったりはがしたりを繰り返しましたが!キレイに貼れました。また!クシ目をつけると盛り上がったところが乾燥しにくいようです。粘着面が出来た感じ。一晩おいたらさすがに乾いていましたが!40分と一晩じゃ大違いです。施工後半年。開封済みの残りも、半年経った今でも固まったりはしてないようです。万人向きとは言えないような...。通常の接着剤と比べて良かった点は!チューブタイプで使いやすいやすいことと!剥がせること。両面テープと悩みましたが!全体に薄く付けて貼れたので!掃除機で吸った時の浮きもなく!結果的にはこちらで正解でした。買って良かったです。一緒に買ったクシベラで塗布しましたが!のびが悪く塗り広げるのに苦労しました。私の場合は!6畳一間がリフォーム中で作業場所として使えたため!洗面所の床を実測して採寸カットし!それを先ず敷いて細かい調整のカットを入れて「これで敷ける」という状態にした後!糊付けし!乾いてから再度!貼り込みました。クシベラも付けてもらえるなら尚更よかったです。両面テープで貼るか!ボンドか迷いましたが!簡単にはがせそうなことやコスト面でこちらのほうが安いかな!と思い購入しました。およそ6畳のDKにクッションフロアを敷くために購入。6畳のキッチンと廊下に4個買ったのですが2個弱で十分行けました(^_^;)乾きにくいというレビューを参考に!ごく薄くペンキ用のローラーで全体に塗っていきました。賃貸の為!両面テープで貼っていたんですが!繋ぎ目が浮いてきてしまい気になっていたところ!こちらの商品に辿り着きました。掃除機をかけても浮いたりせず、十分な粘着力があります。40分という速乾性が購入に至る大きなポイントでした。あと、乾かす時間が結構かかるので、貼るにも時間がかかります。本来なら、クッションフロアを敷いて、四辺を部屋の寸法にカットしながら敷き込み、その時点で(クッションフロアは動かさず)本品を塗りたいところですが、乾燥が必要なのでこういう段取りができません。5本買いましたが、この塗り方だと1本半で十分でした。正直なところ!どれだけの良を塗るのが適性なのかわからなかったので!1.7m×1.7m程度のクッションの四辺を塗るのに!本店舗で売っているコクヨのヘラを使って塗って!1袋の約半分くらい!塗りました。試しにちょっとだけ剥がしてみたのですが、完全に乾かした方は床にほとんど糊残りがないのですが、生乾きの方はベターっとついています…水拭きで落ちるそうですが大変そう…と思います。デメリットはオープンタイムが長く、待ち時間が結構取られることと、お値段が高いことです。心配は、洗濯機の下など、重量物の下が時間が経ってもはがせるのか?というところ。生乾きの方はカビが心配でしたが!特にそんなこともないようです。賃貸なので!ベラベラめくれなければ良いや!くらいの感じでしたし!これくらいの粘着力で私は問題ありません。わたしはアパート中にクッションフロアをひいたため、半分ずつ塗って、乾かして、また半分塗って、乾かして…と繰り返したため数日かかり、入居予定のアパートを行ったり来たり…クッションフロアのが完成するまで新居に家具も運べず…大変でした。総括すると・完全に乾くのに半日程度必要・糊はうすーく、全面に塗布した方がよい・床材用の糊としての強度は十分・(完全に乾いていれば)床への糊残りはほぼないよいところは水拭きで落ちるので施工がしやすいところと、キャップがついているので残りを取っておけることでしょうか。洗面所に敷くクッションフロア裏に塗りました。実用上の問題は!「いつ!この塗りを付けるか?」です。乾燥には思ったより時間がかかり、15時間くらいかけて、べとべとはするが指には付かない状態になったので、対象の床にクッションフロアを敷いたところ、確かに、床に糊が付かず、はがせます。おススメで〜す!素人でも使いやすいです。ただ!掃除機をかけると糊をつけなかった箇所が吸い上げられる感じがあります。思ってたより粘着力が強く良かったです。ちなみに、5ご購入して、薄く塗って12畳+6畳弱くらいはいけました。剥がした時の状態はまだ分からないので☆は−1ですが表面に付いてた乾いたのりは、マイクロファイバーのクロスで拭くと綺麗に取れたので、退去の時に綺麗に剥がせると期待できそうです。いったいどういう条件でなら40分で乾くのか提示してほしいところです。新居のキッチンの床を白にしたくて、白のクッションフロアを貼るのにこちらの、のりを買ってみました。でもコストがかさむかなー。一応ショップ推奨では何個か必要そうでしたが、まずは一個と思い、ひとつだけ注文しました。剥がせるようにと薄〜く塗ったので!1袋で6畳×2部屋とトイレに敷くことができました。ひとつしか購入しなくて正解でした!壁紙を貼る用ののりローラーで!前面に薄く貼り付け!反日〜一日乾かしましたところ!適度に粘着力がついて上手く貼ることができました。